毎日大吉

その時プレイ中のオンラインゲームについて扱っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レギナSSと召喚SSについて 

 見た瞬間やっちまったなーとは思いましたよ、ええ。

 この運営、アルテイルⅠがなぜあんなことになったのか、今一度再確認すべきじゃないのかな。
 少なくとも、俺は覚えてるぞ。
 返却SSが出始めた時から何かが狂い始めたのを。

 今アルテイルⅡは、SSの革命期を迎えたと言えるのではなかろうか。
 レギナSSや召喚SS、発売されて色々な考察も出たし、その強さは誰だって理解できるところでしょう。
 しかしながら、SSに関しては人一倍敏感(自称)な俺としては、その心境は人一倍複雑でたまらない。(多分)

 大きく激変した環境。これほどまでの変化を及ぼす要因は、ユニットでは考えられません。
 そう、SS、SSなのです。
 SSがゲームを支配すると言っても過言ではないし、SSによりボードは作られていくと言っても過言ではないのです。
 今後とも変化していくことが予想されるであろう環境の中で、SSにおけるメリットをしっかりと理解し、軸をぷらさずに運用していくことで、たとえば勝率5割を6割に伸ばすことは容易だと思います。
 ぶっちゃけ、RPあげる一番の近道はSSを考えることな気もしますね……。

 しかし、今回みたく高レアカードに強SSをもってくれば、言わずもがな犠牲になるのは無~低課金者です。
 SSの改革を悪いとは言いません。が、ここを弄る際は、慎重に、慎重にすべきでしょう。次の弾あたりのSSが、ある意味アルテイルの命運を決めるかもしれませんね。

 以下、なんか無駄に書いてみた。
●レギナSS
 衣服の食い込みとかオッ○イとかSっ気娘とか、んなもんどうでもええわ。
 問題はSS、SSの中身だよ!
 ユニットとしても若干ぷんぷんするけど、SSに関しては文句なし100点満点の壊れ臭乙!

 なんなのこれ、見た瞬間

            ____
          /      \                    。    。
         /  _ w _\_________  。      。      。
       /    _____| |  ヘ____ヘ_|____ ___
   /⌒|     ((_____.| | Σ ________(○)__(○)
  /   |. ι   (___人__)   | |  '' ,  '  '   , |        
 |     l\       |   .|    | |           |   。
 ヽ     -一ー_~、⌒) |r┬-|   | |.             |     。    。 
  ヽ ____,ノ   `ー'´                  。     。 

 って感じだったんだけど。

 そもそも強化SSというのは、今まであまり日の目を見ない、いまいち中途半端な印象を受けるSSでした。
 だからこそ俺は強化SSなんて今まで使ったこともなかったし、使おうとすら思ったこともなかった。
 最初レギナSSが出た当初も、その強さは理解しつつも、どうしてもこのSSだけは使いたくない……そう考えていたのです。
 なぜなら、今まで使わなかった強化SSを使うということは、今までの自分のアルテイルに強烈な変化を及ぼすということであり、ある意味今までの理論(かっこつけて言えば理論ですが、まぁ所謂自分の中での構築論ですね)を否定することに繋がると思えたからです。

 だがしかし、そんな甘い考えを長続きさせるほど、環境はやさしくはなかった。
 グラチャンの初戦敗退を喫した自分にとっては、上半期のRP枠で本戦に再参戦したいという望みがあったし、大事な1戦であの無様な構築・戦法を行ってしまったという反省・そしてリベンジする権利を得る為にも、現状でRPが持つ意味は俺にとって非常に大きいものでした。
 手っ取り早く言えば、そうそう簡単に負けていられなかったってことです。

 そして、結論を言います。
 最早現状のアルテイルでは、レギナSSを使用することが、勝利に近づく最大の一歩となってしまった。

 ええ、そうです。レギナSSを使わずしてRP1位を取るのは、非常に難しいと判断してしまったわけですね。
 そこで結局、茶室でも散々強化SSは使いたくないと言っていたにもかかわらず、RPの為にもレギナSSを使わないファイルから、レギナSSの能力を100%発揮できるであろうファイルに変えたのです。

 白黒ファイルから、白青ファイルへの転向をした瞬間でした。

 結果。最後のひと押しを白青でやったこともあり、RP1位でグラチャン出場も確定しました(まだ運営からメールは着てませんが……)

 もう、俺の今までのSSに対する考え方は古くなってしまったのかもしれないですね。
 あまりにも唐突過ぎて驚きましたが、SP2使うだけで場のユニットの適正レベル値を3前後まで底上げするようなSSが、当たり前のように出てくる時代になってしまったようです。
 今ならまだ修正も間に合うでしょうが、運営がはたして修正を考えているかは疑問。
 とりあえず、SSキャンセルで回避余裕じゃないですか^^ とか浅はかな考えだけは持ってないように祈っていますが……。

 まぁとは言え、このレギナSSがここまで重要視される環境を作ったのは、他ならぬ後述の召喚SSが登場した点が強いでしょうね。


●召喚SS
 上手く回せば、やってることはメタSSの逆バージョン。
 それだけですね、もう本当にこれが全てです。

 強い。強すぎる。

 とまぁ冗談はおいといて(半分マジですが)、召喚SSについてはまた機会もあるでしょうし、その時にじっくり書きましょう。
 愚痴にならないように注意しなきゃ(笑)
[ 2010/09/27 13:36 ] カード考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。