毎日大吉

その時プレイ中のオンラインゲームについて扱っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カードの強さ、ファイルの強さ、人の強さ 

超書くよ、なんかがらにもなく色々書いちゃってるよ!><;

 最近、アルテイルⅡも徐々にカード数が増加し、新たなファイル選択の幅が増えると同時に、強カードと呼ばれるカードの存在もより注目されるようになってきました。
 ある人はカードのパラメータやスキルに着目し、Ⅰなどの意見も取り入れた考察を行ったり、ある人は特定のカードを所持しているか否かが、その人の勝率に直結するというような考察を行ったりもしているようです。

 確かに、現在のアルテイルⅡはパワーカードからコントロールカードまで、その分野において異彩を放つ(あえて『壊れ』とは言いませんが、ニュアンスとしては相当な強カードということで認識いただければと)カードも登場し始めています。
 銀帝率いる王族・バンデ―ル・エスタや覇弓、スティリアと言った優秀な赤小型・黒竜一派・アレクなどの返却特化型などなど……。対策を無視し、疎かな構成のファイルで挑めば、文字通り手も足も出ない状況になりかねないファイルとも言えなくはないでしょう。

 ですが、そのカードの強さにばかり目がいき、所詮資産ゲーだと思考を停止し非難するのは、個人的な見解を述べればあまりにも勿体ない気がしてなりません。
 また、Aさんという強いファイルを使う人がいたとしましょう。もしそのAさんがあなただった場合、何回も何回も負け続け、やっと完成させた自慢のファイル、そしてやっと掴んだ回し方のコツから得られたその『強さ』を、所詮強いカード使ってるからだろ、と言われればどんな気持ちになるでしょうか?

 カードの強さにばかり目がいき、そのファイル自体における各カードの連携、SSとの絡みあいといった強さ、そしてファイルのコンセプト、及びそれらをすべて加味した上での使用者のプレイング能力すらも、各カード単位での強さでしか判断できない人は、一生、資産=強さという観念枠から出られない気もします。

 確かに、あれだけのカードがある以上、凡庸性に富むカード、あるファイルには必須級となるカード、そして特定のファイルに対して相当な対抗馬となり得るカードなどは存在するでしょう。
 それらのカードが、時には壊れと呼ばれ、それらを使っている人に対して嫌悪感を覚える人まで出始める始末です。

 ですが、例えばそれらのカードパワーに圧倒され、敗北してしまった場合、『壊れのカードだから仕方ない』とそこであなたは諦めますか? ここでハイと答えるなら、多分あなたにとってはそれまでのことなのでしょう。ですが、ここでイイエ、と言うならば……そんな人たちは、必ずそれらのカードに対するアンチ要素を持ったカードをファイルに入れるなどして、対策を練ることだろうと思います。
 まして、その負けたカードと言うのが、環境中に多いトップメタの一角であれば尚更です。

 そして、今言った上記の言い分が、冒頭文で述べている内容と連結します。
 負けたからと言って他のファイルに乗換えたり、逆に負けたファイルを色々弄って昇華したり、それらは各イクサーさん達の勝手です。
 とは言え、何度も重複して申し訳ないですが、強いファイル・カードに負ければ、考える人たちはどのみち『必ずそれらのカードに対するアンチ要素をファイルに入れるなどして、対策を練る』ものなのです。
 壊れカードに負けた? それが何ですか、あと100回壊れカードに負けてみましょうや。きっと見えてくる世界があるでしょう。
 また、同時に考えてください。
 もし、ある人が『あのファイルは壊れカード使ったぶっ壊れファイルだしね。強くて当たり前じゃんw』などと言っているファイルが、上のように他の強ファイル・強カードに何度も何度も負けた後、やっと完成したファイルだったとしたら。

 強いカード、弱いカード、強いファイル、弱いファイル。強いか弱いかの判断を下すのはイクサー。そして使うのもイクサー。だから活かす殺すもイクサー次第。

 カードの強さは固有のもの。でも、使い手でそれ以上にもそれ以下にも見える。
 ファイルの強さは変化に富むもの。更に、使い手でそれは更に変化する。
 だけど、これだけは頭にいけておいてほしい。
 全てをカードの壊れ性能の賜物だと決めつけることは、そのカードを使った強いと言われるファイルや、そのファイルを作るまでに至ったイクサーの道のり、そしてプレイングすらも足蹴にしているのではなかろうか、と。


 最近、あまりにもカードそのものだけに目がいきすぎる人が多いような気がして、今回はこのような記事としました。
 最後に付け加えますが、これはあくまで俺の価値観であり、勝手な解釈です。
 ですが、何度も何度も負け続けた回数なら誇れる(おもにⅠ時代)俺が言うわけですから、ちょっぴり耳を傾けてもらえるのなら幸いです。

 ぶっちゃけね、俺も壊れムカついて愚痴も言いたくなる時がありましたし、今でも勿論それはあります(笑)
 でもさ、嘆いたって始まらないんっすよね。嘆くぐらいなら、次はそのカードに絶対勝てるファイル作ってやろう、って意気込みの方が、最近は大切なんだなって気づきました。
[ 2010/01/25 16:10 ] カード考察 | TB(0) | CM(7)
僕が引退する一番大きな要因は、バランサーを含むイクサーの質の低下。
ギルメンとのスパー以外楽しくないです、もう観戦もダメ生理的に無理。

先生……、着せ替えレナリーが欲しいです……。(え
[ 2010/01/26 04:26 ] [ 編集 ]
びゃっこさんすごいなあ
[ 2010/01/27 02:30 ] [ 編集 ]
AL2の地脈に心が折れた者です。

イージーミッションがあったので
βテスト以来のAL1やったんですが
何だかんだで、まだこっちの方が勝てる余地ありますね。

レア度は低いのに、シナジー効果の性能が高いユニットとかで
適当に組んだらちょびちょび勝てたり。

SSが似たり寄ったりなのはAL2と同じでしたが
デッキは当たる人で個性があって飽きなかったですねぇ。

何より・・・みんなLvが高いから1勝しただけでLvが上がる上がる!
これテンション上がりましたわ。
もう何敗してもいいから、どっかで運勝ちして莫大経験値GET!

AL2も敗戦連発してもテンション保てる要素があれば
まだいいんですけどね。
[ 2010/01/29 15:11 ] [ 編集 ]
おおむね賛同できます。

ただそんな試行錯誤を繰り返してやっと戦えるまでになったファイルを一発で否定するカードが新弾で登場して全部パァになるんのもしかり。
[ 2010/02/03 12:44 ] [ 編集 ]
誰も突っ込まないんで、突っ込んどくよ。
虎たん、また汎用性が凡庸性になってるお。
忘れた頃にあちい記事書いてくれるのはありがたいことですマル。
[ 2010/02/03 18:50 ] [ 編集 ]
なんか僕が適当ぶっこいた記事が発端なような・・・

確かに壊れ壊れって言葉で簡単に片付けるのは避けたいんですが、最近のカードって場に出したり枚数そろえたらそれだけで最高のパフォーマンス発揮するようなカードがかなり多いと思うんですよ。
プレイヤーの動きが介入する隙がないというか、CPUが使ってもあんまり変わらないというか。

そういうカードの存在がプレイヤーの思考する感覚を奪っていってそうで、どうにも気持ち悪いです。

これ以上は長くなりそうなんで引っ込んで自分のとこでまた書かせていただきます。
[ 2010/02/04 00:16 ] [ 編集 ]
 せっかくコメントいただけて嬉しいモヒなのですが、このカードパワー云々の主張に関しては個々でやはり変わってくるものですし、どの意見も等しく正しいと思うため、俺の方からも返信を控えてました。

 ですが、コメントいただいたことに関するお礼をまだ言ってなかったので、改めて言います。コメントありがとうございました! そして返信おくれてごめんね><

 一応、カード議論はおいといて、個人的な内容の返信だけを。

>ディルガさん
 生理的に受けつける日がまたやってくることを祈ってるぉ。

>くろのさん
 今の僕はモヒなのですごくないです><w

>ななしさん
 わかりすぎます、その気持ち;;

>恋詠桜さん
 いえ、茶室でも聞く意見ですし、特に恋詠桜さんの記事が~と言った事は一切ありません。
 もし気にされたのならごめんね><
 俺も恋詠桜さん同様、イクサーを考えさせてくれるバトルが一番楽しいです^^
[ 2010/03/26 01:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。